海外での生魚への抵抗

海外に行くと「生で魚を食べるとか気持ち悪い」っていう人が出てきます。

私達日本人からすると意味不明ですよね。

なぜ生の魚に抵抗を覚えるのかのお話です


日本で生まれ育った人ならお寿司を食べたことない人は中々いないと思います。

ましてや知らない人もいないですよね。

お寿司は生魚を握り飯の上にのせて作ります。

そういうものですよね。

 

しかし焼き魚が主流の地域やそもそも魚を食べない人達からすると、どうも違和感を感じるようです。

そんなの衛生的に大丈夫なの?っと疑問を抱く人や

生で何て怖くて食べれないなんて言う人も大勢います。

そんな人でも抵抗なくお寿司を堪能出来る品がありまして、それがカルフォルニアロールなんです。

あれは生の魚が入っていないので、そういう生の怖さや抵抗も無くお寿司というものを楽しめます。

 

そんな理由でカルフォルニアロールがお寿司のスタンダートっという意識が広まったんだと思います。

だからお寿司屋で巻きずし頼む人ばかりなんですねきっとw

↑これ前回のお話の続きです。こちら